博和会 インプラントサイト

HOME
 



    HOME > 知っておきたいインプラント知識 Doctorアンサー[インプラントと全身疾患 1]


 
 
インプラントと糖尿病
インプラントと高血圧症
インプラントと心臓病
インプラントと脳梗塞
インプラントと骨粗鬆症
インプラントと腎臓病
インプラントと肝臓病
 


 
糖尿病の患者様の治療で考慮する点は、主に以下の2つが考えられます。

① 細菌の侵入に対して抵抗力が弱い

手術を行った部位が「傷が感染しやすい」
「創口が治りにくい」という点です。
しかし糖尿病の程度によっては、抗生物質の適切な
内服など術前から感染対策を十分にしておけば、
問題なくインプラント手術は可能です。
 

  ② 糖尿病の方で血糖降下剤の内服やインスリンの自己注射をされている場合
糖尿病の方は血糖降下剤の内服やインスリンの自己注射をされている場合があります。この場合に問題となるのはインプラント手術当日の内服や自己注射の
タイミングです。
手術の後で十分な食事がとれなかった場合、いつも通りに決まった時間に内服や注射をすると、血糖値が下がりすぎてしまい低血糖<症状が出現してしまいますので、
担当歯科医の十分な医学的知識が不可欠です。
 
  一般的に、インプラントは以下の基準となる値を参考に治療が行われます。

  [術前のコントロール基準値]
   1.血糖値(空腹時 150mg/dl以下・ 最高値300mg/dl以下)
   2.HbA1c 7~8%以下
   3.尿ケトン体(-)
   4.重篤な合併症がない(腎不全・心血管病変など)

   なお、重症の場合には必要に応じて患者様の内科主治医と連絡を取り、患者様の
   不利益にならないよう様々な手段を講じればインプラント手術は安全に行えます。

 

 

 

内科医から降圧剤を処方されている”
“会社の健康診断で血圧が高いと言われた”
以上のような患者さまはたくさんいらっしゃいます。
一般的に高血圧症とは

最高血圧140mmHg以上・最低血圧90mmHg以上

と定義されています。
 

  高血圧症の患者様になんの準備もせずにインプラント手術を行うと、緊張感や不安感のため血圧が上昇し、最高血圧が190以上に達すると術中気分が
不快になったり動悸を訴えることもあります。また、局所麻酔薬の中に血圧を上昇させる成分が少々添加されています。
そんな時には静脈内鎮静法をもちいれば、手術をリラックスした状態で受けて頂くことが可能なため、緊張や恐怖心による血圧の上昇を
抑制することが可能です。
 

 

 

狭心症・心筋梗塞を罹患されたことのある患者様では、血液をサラサラに
するために小児用バファリンやワーファリンなどを内服されています。
この薬により手術中に血が止まりにくいことがあります。
以前までの学説では、これらの薬を1週間程度中止しなければ手術がで
きないと言われていましたが
最近では内服を継続したまま手術を行っても、止血操作を適切に
行えば問題はないとされています。