博和会 インプラントサイト

HOME
 








    HOME > インプラントを知る-インプラントとは?


 
   

インプラントとはブリッジや入れ歯とは全く異なる最先端の治療法です。

人間の歯(永久歯)は一度抜歯して失ってしまうともう二度と生えてくる
ことはありません。そのように歯を失ってしまった場合、一般的に行われ
ている治療方法は入れ歯やブリッジと呼ばれる方法です。

これらの方法は物理的に歯の抜けた空間をふさぐ方法で、その部分の噛む
力は他の残存歯と歯ぐきが負担します。したがってこれらの負担が大きく、
過重負担による残存歯の喪失や、歯槽骨の吸収の危険性が高くなります。

これに対して、インプラント治療は、天然歯の歯根に相当する人工歯根を
顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるという治療法です。

インプラントはチタンという医療分野では一番よく利用されている金属で
できており、顎の骨としっかり結合することにより噛む力を支えることが
できます。 従って残っている歯に負担をかけることがないばかりか周りの
骨に適度な刺激を与えることにより歯槽骨の活性化につながります。